イルカ・クジラを撮影しよう

こちらでは船の上からイルカやクジラを撮影するテクニックをご紹介します。

プロカメラマンなら必ず撮れる、わけではない

◆出るも出ないも運しだい

水族館ではないので、そこにいないものは撮れません。仕方ないですね。

※自然に生息しているものです。逢えたらラッキーぐらいに考えましょう。
くじらやいるかの専門の写真家の先生方は「出るまで何日でも待ちます」。僕らはそうはいきません。
運しだいですが、それでも撮る気でいかなければ撮れません。

◆カメラの設定

一発勝負です。
高速シャッター絞りは深めに。最近のカメラは多少ISO感度をあげても大丈夫。
迷わず「失敗しない」設定で。コンパクトカメラ使用でよくわからない場合には、
スポーツモードがよろしいかと思います。

※参考;HP管理人撮影のマッコウクジラ。バックは国後島です。

・必ず充電し、絶対に電池を入れ忘れず。
・記録媒体の残量を確認しましょう。

※参考;廣田達也写真師撮影のハセイルカです。

※参考;HP管理人撮影のマッコウクジラ。バックは知床です。

生態をよく理解しましょう。ここで調べれば大概のことはわかります。

なお、写真の著作権は、廣田達也写真師(tatsuya510td@icloud.com)及び、倉石一写真師(dolphin@blue.ocn.ne.jp)に帰属してます。
商用利用のご希望は、各撮影者までお問い合わせください。